esp-wroom-02

[技術ネタ] ESP-WROOM-02(ESP8266)でUDPの送受信を行う

背景

各所でESP8266でUDPを使うソースが出回っているのですが、
若干バージョンの違いにより使えなかったり、使えたり、みたいなのがあったので、
現行で動くことが確認できたソースを残しておきます。

 

検証環境

– Mac OS X 10.11.6(El Capitan)
– Arduino IDE 1.6.8
– ESPr Developer: https://www.switch-science.com/catalog/2500/

 

仕様

– OTA経由でファームを更新できる
– UDPでデータの送受信ができる

 

ソース


– testOTA.ino … メインプログラム
– ESP8266OSC.ino … UDPの処理をするプログラム
– MainOTA.ino … いわゆるArduinoで書くような処理するプログラム

 

補足説明

このプログラムをOTA経由で書き込んで、
同一ネットワークに接続したPCのIPアドレスを192.168.11.3に設定して、
UDPのポートを8090にして待ち受けていると、
ESP-WROOM-02が起動したタイミングでその子のIPアドレスが下記の様な感じで送られてきます。

  /ip ,s 192.168.11.99

なので、そのIPアドレスの8091ポート宛に、

  /tone ,i 1000

みたいな感じのOSCを送ってあげると、LEDの明るさが変わるようになります。
(現状では、1000のとこを1とするとLED点灯、それ以外だと消灯)

以上です。