熊本現代美術館にて「あ」を展示中

投稿者: yuki 投稿日:

魔法の美術館 @ 福岡アジア美術館

熊本現代美術館にて6月25日より開催されている、
かえってきた!魔法の美術館」展にて、
team Panaiで製作した「」を出展しています。

今回は、これまでの「あ」に加え、
カタカナの「ア」も制作し出展しています。

現代日本の文字文化においてカタカナは形骸化の象徴です。
例えば、ビジネス用語や2ちゃんねるおける「イイハナシダナー」といった表現は
まさにその好例といえます。

そこで、我々は「あ」と「ア」を対比的に展示することにより、
文字や言葉の持つ本質を問うものであります。

team-Panai to exhibit 「あ」 at Contemporary Art Museum, Kumamoto.
In addition, we also make 「ア」(Katakana version.) and exhibit!


展覧会期:
2016年6月25日(土)~9月19日(月・祝)(75日間)

会場:
熊本市現代美術館
熊本市中央区上通町2-3 びぷれす熊日会館3階
TEL:096-278-7500
FAX:096-359-7892
http://www.camk.or.jp/

開館時間:
10:00~20:00
(展覧会入場は19:30まで)

休館日:
火曜日休館


yuki

Yuki Anai is a Japanese artist working with sound, lighting, sensing technology. He was born in Oita, Japan, 1987. Completed Graduate School of Media Design, Keio University. He was worked at teamLab for seven years, engaged on set up art and product team. After graduated he started own company that focused on consulting a space design of lighting. His inspiration for artworks come from nature's messages. For example, "A Seashore" express light fluctuation like a surface of a sea. “in the rain” express potential of rain, it works as communication media of us. He got many prizes of award: "Ah" got a Grand Prize of Asia Digital Award 2012, "ChAir" got Best Award of Smart Illumination Award 2012, teamLab Hanger got a Prize of 14th Japan Media Art Festival(as teamLab), etc.