[技術ネタ]喋るゴミ箱で、楽しくお片付け体験!

投稿者: yuki 投稿日:

よくしゃべるゴミ箱

ゴミをゴミ箱に捨てる、
ふとした日常のちょっと面倒な行為を楽しくするために、
しゃべるゴミ箱を作ってみました。

ゴミ箱、というキーワードで言うと
2013年ごろに勝手に入るゴミ箱がニコ動で話題になりましたね。
kinnectを使った斬新な発想で、当時はスゲー!!と周りが湧いていたことを記憶しています。

今回つくるゴミ箱は追いかけてはくれませんが、
ゴミがゴミ箱に入るたびに、無駄に叫んで褒めてくれるようにしてみました。

処理の流れは、このような感じです。

仕組みとしては、
ゴミ箱の入り口に距離センサーを内蔵し、
ゴミの入ったことを検知し、内蔵したスピーカーから
リアクションボイスを再生するようになっています。

これを応用して、
例えばゴミ箱に顔をつけてあげてよりキャラクター性を持たせてあげたり、
入れたゴミによってリアクションの仕方を変えてみたり、といったことも応用できそうです。

We developed new dust-box that is interactive and speakable!
if you trash something, dust-box will react and speak emotionaly!


yuki

Yuki Anai is a Japanese artist working with sound, lighting, sensing technology. He was born in Oita, Japan, 1987. Completed Graduate School of Media Design, Keio University. He was worked at teamLab for seven years, engaged on set up art and product team. After graduated he started own company that focused on consulting a space design of lighting. His inspiration for artworks come from nature's messages. For example, "A Seashore" express light fluctuation like a surface of a sea. “in the rain” express potential of rain, it works as communication media of us. He got many prizes of award: "Ah" got a Grand Prize of Asia Digital Award 2012, "ChAir" got Best Award of Smart Illumination Award 2012, teamLab Hanger got a Prize of 14th Japan Media Art Festival(as teamLab), etc.