魔法の美術館@大分県立美術館(OPAM)に「あ」を出展

投稿者: yuki 投稿日:

「あ」@大分県立美術館 体験1

弊社穴井が制作に参加した「」が、12月16日より大分県立美術館(OPAM)にて開始する魔法の美術館に出展いたします。

魔法の美術館」は、光や音、映像などを使ったアート作品が一堂に集まったまったく新しい体験型の展覧会です。
会場では、大人も子どもも、見て、触れて、参加できる作品を体験することができます。

」は、日本語の多様性を「あ」という形をした物体を通して再認識する、
体験型のアート作品です。

team-Panai to exhibit 「あ」 at Oita Prefectural Art Museum.


期間
2016年12月16日(金)~2017年1月28日(土)
10:00~19:00(最終入場18:00)

展示会場
大分県立美術館(OPAM) 3階 展示室B

入場料
一般   1,200円(1,000円)
高大学生  800円(600円)
小中学生  600円(400円)
※( )は前売り、20名以上の団体料金
※障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は前売り料金
※未就学児無料

お問い合わせ
OBS事業部 Tel:097-553-2509(平日9:30~17:30)

イベント詳細ページ
http://www.e-obs.com/event/event/16661.html


yuki

Yuki Anai is a Japanese artist working with sound, lighting, sensing technology. He was born in Oita, Japan, 1987. Completed Graduate School of Media Design, Keio University. He was worked at teamLab for seven years, engaged on set up art and product team. After graduated he started own company that focused on consulting a space design of lighting. His inspiration for artworks come from nature's messages. For example, "A Seashore" express light fluctuation like a surface of a sea. “in the rain” express potential of rain, it works as communication media of us. He got many prizes of award: "Ah" got a Grand Prize of Asia Digital Award 2012, "ChAir" got Best Award of Smart Illumination Award 2012, teamLab Hanger got a Prize of 14th Japan Media Art Festival(as teamLab), etc.