会場となる象の鼻パークには、かつて港の護岸に用いられていた石が、横浜の風景を眺めるためのベンチとして設置されています。

本作品では、波や風によってそれぞれの石に刻まれた「時」を、繊細な光のゆらぎにより表現しました。これにより、この場所にあった海としての記憶を映し出しながらも、これまでにない新たな横浜の景色をつくりだしました。

本作品で使用している楽曲は、音楽家の野口桃江氏が制作を担当。現地でフィールドレコーディングした音をサンプリングし、時の流れが感じられるような楽曲にアレンジされています。


This Sound Installation was exhibited at Smart Illumination Yokohama 2015.

The stone benches which used to revetment from the sea.
We represent the memories of stones by a delicate lighting.

This site specific installation will reflect memories of stones, memories of place, and create new site scene of Yokohama.


Exhibition
スマートイルミネーション横浜 2015
日時: 2015.10.30 – 11.03
場所: 神奈川県横浜市 象の鼻公園
詳細 : https://smart-illumination.jp/

Collaborators
共同制作:手塚 健太郎
楽曲提供:野口 桃江
協賛:カラーキネティクス・ジャパン株式会社, サウンドスタジオNOAH