non-classic

Digital art exhibition

つながり、かなでる。 佐伯 デジタルアート展

― 光と音が織りなす体験型ミュージアム ―

Concept

Year 2024

この夏、佐伯市の「さいき城山桜ホール」にて、
大分市出身のアーティスト、穴井佑樹によるデジタルアート展が開催されます。

会期は8月17日から8月25日までの毎日、
10:00から18:00まで(最終日は17:00まで)です。

穴井は、国内外で数々の展覧会で招聘展示を行うデジタルアーティストで、
本展では、これまでの作品に加え、
佐伯市の皆さんとのコラボレーションによる新作も展示されます。
地元の風景や文化を取り入れた作品は、訪れる人々に新たな視点を提供します。

会期中には、特別なパフォーマンスステージも予定されています。
光と音が織りなす幻想的なデジタルアートの世界を、プロのパフォーマーたちが更に彩ります。
出演者やステージ内容については公式ウェブサイトをご確認ください。

また、会場の「さいき城山桜ホール」へのアクセスは、JR佐伯駅からバスのご利用か、
駐車場も完備されていますので、お車でも安心してお越しいただけます。

この夏、子どもから大人まで楽しめる特別な体験をお届けします。

ぜひご家族やご友人と一緒に、
特別な一日を「さいき城山桜ホール」でお過ごしください。

詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。

イベント概要

つながり、かなでる。佐伯 デジタルアート展 ― 光と音が織りなす体験型ミュージアム ―

開催日: 2024年8月17日(土)~8月25日(日)

開催時間:10:00 ~ 18:00 ※ 最終日は17:00まで

場所: さいき城山桜ホール 大ホール

料金: 入場無料(来館者数100万人達成記念料金)

詳細 : https://sakura-hall-saiki.com/archives/event-infomation/6093

 

【後援】

大分合同新聞社、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、FM大分、シティ情報おおいた 

 

【企画・制作・演出】

穴井 佑樹( non-classic 株式会社

 

【プロデュース】

Knot Factory

① bouncer

光る台座に乗ると、
載った人の動きで音と光がダイナミックに変化していく作品。

それぞれの台座には異なる楽器が割り当てられており、
リズムの変わり方も様々。

複数人で遊ぶと、
その場でセッションのように音が奏でられる。

Credits

コンセプト, プログラミング:穴井 佑樹

サウンドデザイン:中村優一 ( インビジ )

サポート:坂本隆成

② voice of yours

コトダマという言葉があるように、
言葉には魂が宿っている。

自分が発した言葉が、形となり、
空から降り注いでくる。

普段何気なく話している言葉が文字という形になって見えることで、
言葉の意味を改めて考えてみる作品。

Credits

コンセプト、アートディレクション:穴井 佑樹

プログラミング:吉松大地 ( non-classic inc. )

サポート:xxxx 

③ emitter

体験者の声や足音に反応する作品。

光の柱に近づきタップを踏んだり、
声を上げると光が立ち上っていきます。

タップのリズム感や、
声の大きさにより光の速さや色味も変化していきます。

Credits

コンセプト、プログラミング:穴井 佑樹

サポート:xxxx

④ saiki layers

佐伯の人々が織りなす重層的なレイヤーを、

実際に住む人が糸をつむぐことで実体化させ、

そこに光を照らし出すことで、

佐伯の豊かな文化や関係性を表現した作品。

Credits

コンセプト、プログラミング:穴井 佑樹

制作: 佐伯市の皆さん

サポート:xxxx

ADDRESS

810-0022
福岡県福岡市中央区薬院2-2-7 イーストビル302

810-0022
East Bldg. 302, 2-2-7 Yakuin, Chuo-ku, 
Fukuoka-shi, Fukuoka

MAIL

info@non-classic.jp

ADDRESS

810-0022
福岡県福岡市中央区薬院2-2-7 イーストビル302

810-0022
East Bldg. 302, 2-2-7 Yakuin, Chuo-ku, 
Fukuoka-shi, Fukuoka

MAIL

info@non-classic.jp